信用取引は大きく儲けるチャンスです。

信用取引で利益のチャンスを拡大させる

株式取引に「絶対」はありませんが、時として株価が動く確度が高い予兆を察知できる場合があります。そうした局面で、より多くの利益を出したいのに元金の問題から少しの株式しか売買できなかったり、そもそも元金不足から取引できずに手をこまねいて株価の推移を見ていることしかできない場合があります。 そうしたチャンスを元金の問題から逃さずに大きく儲けていこうという取引が、信用取引なのです。信用取引を行うことができれば、委託証拠金として預けてある元金の数倍の取引ができるようになるため、資金不足によって大きく儲けるチャンスを逃すことを減らせます。一方でリターンに比例してリスクが上がるのが株式取引の鉄則ですので、信用取引ではより慎重な管理・運用が求められます。

下落の足は速い!信用取引で素早く利益を得る

信用取引は、売りから株式取引に入れるという大きな特徴があります。株価の下落局面でも儲けることができるため、このことは信用取引のメリットとしてよく知られています。しかし、信用取引が売りから始められるという点は言葉で認識される以上に大きなメリットを孕んでいます。 株価の動きは千差万別で全てに当てはまる一定性は存在しませんが、概して「下落の足は速い」というのが鉄則です。つまり、株を売って買い戻す方がより素早く利益を確保できる可能性が高いと言えます。素早い利益の確保は、株式取引において大きく儲けるために必要な要素の一つです。つまり、現物取引よりも素早い利益確保ができる可能性がある信用取引は、それだけ大きく儲けるチャンスがあるわけです。