信用取引は誰でも簡単に始める事ができるサービスです。

信用取引を始めるには委託証拠金と審査が必要

信用取引とは証券会社が信用でお金を貸し付けて、元のお金の数倍の価格の株が売り買いできるようになる株取引のことです。とても利便性が高い取引ですが、管理・運用が難しく敷居が高いと感じて敬遠してしまう人もいます。また、一種の借金であるという負い目も信用取引のハードルとなっています。 しかし、信用取引を始めるのに特別な資格などは一切必要ありません。証券会社が定める一定の委託証拠金を口座へ差し入れ、約款などからリスクを正しく理解できたかという審査を受ければ誰でも簡単に始めることができます。信用取引の口座を開設したら、必ず信用取引を行わなければならないということもありませんので、株取引の手段の一つとしていつでも取引できる体制を整えておくと良いかもしれません。

誰でも始められる信用取引、だからリスクは正しく把握しておこう

誰でも非常に簡単に始められる信用取引。しかし、利便性の高さに比例してリスクも上がりますので、より安全性を考慮した運用が必要になってきます。この点からも敷居が高いと感じる人がいるかもしれませんが、信用取引を行うに当たって肝に銘じておくべき点はあまり多くありません。 まず第一に信用取引には各種手数料や金利がかかるという点、そして返済期限が決められているという点です。これらは借金やクレジットカードによる決済代行と同じような感覚なので、好みの問題はありますが、これを「難しい」と感じる人はいないでしょう。 信用取引独特の注意点としては、委託証拠金以上の損失が出た場合は追証が発生するため限度額を把握しておくという点でしょう。この点は最重要ですが、基本的に無謀な取引でない限りはそこまで気にする必要は無いため、決して難しくはありません。